「奇術師」に関して論文や本を書くなら、どんなことを調べる?「つむじ風」の成り立ちとかかな。それとも、一個人の考え方からくる意見だろうか。

二人で叫んだ水曜の夜

余裕で口笛を吹く姉ちゃんとファミレス

家の庭でハンモックに寝そべり、気持ちの良いそよ風に身を浸していた、休日の夕方の事。
空には少し気の早い月が瞬いていた。少年は、うちのネコが「ギャオォッ!」という凄まじい声に驚いて、ハンモックから地面に落下してしまった。
よく見てみると、ネコは蛇に向かって、背中の毛をおっ立てて吠えながら威圧していた。
蛇はそんなには大きくなくて、毒も持っていなさそうだったので、少年はほうきでつついて追い返し、猫を抱きかかえて再びハンモックに横になった。少年は、猫の背中を撫ぜてやりつつ胸の上で寝かしつけ、気持ちの良い風に身を浸した。

一生懸命泳ぐあの子と俺
知佳子はAさんが大好きらしい。
Aさんも知佳子を可愛がっている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子も一緒に行くし、前回は私も一泊だけ同行させてもらった。
Aさんも知佳子も私の事を同じニックネームで呼ぶし、どこのお店に入ろうか、とか、一番に、私に質問してくれる。
なにかしら気にかけてくれているような感じがして凄く雰囲気がよかった。

湿気の多い仏滅の夜に友人と

仕事の暇つぶしに、横浜美術館に入館して以来、あの静けさに虜にされている。
びっくりしたのは、一人でゆっくり観賞しに来ている方も少なくなかったこと。
それからは私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸博は、企画展がとても以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、催し物が非常にあの有名な横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の作品が多数ある。
彼は、まさに週刊新潮の表紙を描いた作家だ。
それ以外でも、江戸村の近くにある、夢二美術館でたくさんポストカードを買った思い出も。
実際、絵にはいつも素敵な時間を楽しませてもらっている。

無我夢中で叫ぶ子供と観光地
夕方、時間にゆとりが作れたので、HMVに向かった。
新しくmp3playerに挿入するミュージックを探し出すため。
現在進行形で、頻繁に聞いたのが西野カナさん。
時期に関係なく聞いているのは洋楽。
ワールドミュージックも魅力的だと近頃思う。
そこで、今日はレンタルしたのはボンボンフレンチだ。
甘いボイスとフランス語がなかなかGOODだと思う。

余裕で熱弁する母さんと飛行機雲

子供の3歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントをどんなものに決めようかを悩んでいる。
嫁と相談して、体を使って遊ぶ遊具か頭を使うものか着るものなどにするかを決定しようとしている。
悩んでなかなか決められないので、ものを見に行って選ぶことにしたけど、ピンとくるものがない。
だけれど、子供に見せてみたら、あっさりと決めることができた。
トンネルの遊具に夢中だったので、これに決めた。
ただ、今住んでいる家が窮屈なので、一番小さな折りたたみ可能なものに決定した。
価格が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

寒い水曜の夕方は立ちっぱなしで
暑い季節は生ビールがめちゃめちゃうまいけれど、最近少ししか飲まなくなった。
20歳のころは、どんな量でも飲めたのに、年をとって次の日にお酒が残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった当時は非常にあこがれ、行くことがすごく楽しみだったけれど、会社の関係で嫌というほど行って、俺のイメージの中では、今では、いいイメージがない。
しかし、取引会社との付き合いの関係でとても久しぶりにビアガーデンに行った。
とても久々にうまかったけれど、調子にのってものすごく飲みすぎて、やはり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

雲が多い土曜の夕暮れに焼酎を

見入ってしまうくらい美人さんに出会ったことがありますか?
過去に一度だけあります。
バスの中で20代後半くらいの女性。
同性の私ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらいスキンケアをしているか、という自分の努力もあると思います。
しかし、それ以外で醸し出すオーラは確実にありますよね。
この世界には素晴らしい人がたくさんいるんだなーと思いました。

息もつかさず熱弁する父さんとぬるいビール
買いととのえた生地で、園に入園する子供のきんちゃく袋を裁縫しなくてはいけない。
私の妻が作るのだが、自分もいやではないので、大変そうだったら手伝おうと考えている。
指定のものをしまう袋が園に通い始めるためには必要らしい。
ミシンも遅ればせながら手に入った。
使用感も感じてみようと思っている。

笑顔で跳ねる彼女と月夜

オフィスで着るパンツスーツを買いに来た。
コムサでモードなどフォーマルなところも憧れるけれどギャルショップも悪くないと思う。
若々しくて元気な女性向けの服屋でピタッとしたファッションが多いのが特徴。
価格はテナントによって違いが表れるが、大体は安め。
そして、スーツを選んでいたが、細身の物ばかり売られていた。
着用後、普段より都会的に見える気もする。
良いスーツ選びが達成できて、とっても満足感があった。

ひんやりした休日の朝にこっそりと
体のほとんどは水という研究もあるので、水は人間の基礎です。
水分補給を欠かさず、お互いに活発で楽しい夏を満喫したいですね。
ぎらつく太陽の中より蝉の声が耳に入るとこの時期、いつもそんなに出かけないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策について敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌のスキンケアは夏が過ぎた頃に表れるといいますので、やはり気にかけてしまう部分かもしれません。
やはり、誰もが気にかけているのが水分補給に関してです。
もちろん、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、この時期は例外かもしれません。
なぜなら、たくさん汗を出して、知らず知らずの間に水分が出ていくからです。
外に出るときの自身のコンディションも関わるでしょう。
思いがけず、自分が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
真夏の水分補給は、次の瞬間のコンディションに出るといっても過言にはならないかもしれないです。
少し歩くときにも、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があったらとっても経済的です。
体のほとんどは水という研究もあるので、水は人間の基礎です。
水分補給を欠かさず、お互いに活発で楽しい夏を満喫したいですね。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 二人で叫んだ水曜の夜 All rights reserved.