生きていく上で、「焼きそば」のポジションって、どうなんだろう。興味無いと言えるだろうか。「部下」は、君にとってどんな意味があるんだろう。

二人で叫んだ水曜の夜

一生懸命泳ぐあなたと観光地

出張で、日光市へ行くことが非常にたくさんあった。
北関東にある日光市は栃木県にあり、海のない県で、多くの山々に囲まれている。
もちろん、寒い時期には雪が多く、除雪車やチェーンなど必須である。
秋に差し掛かると、東北道で、2泊3日で、行って帰って、また2泊3日というパーターンが多く、ニュースなどで日光市が登場すると懐かしく思ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は旅をしてほしい県だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、ツアーのメインはやっぱり日光東照宮。
江戸を整備した家康の眠る場所で、中の様子に驚くことだろう。
さらに、高い山の上方に位置する温泉がずらりとある場所。
硫黄泉とのことで、白く、熱い温泉。
この温泉に入ると冷えにも良いのではないかと思う。
日光東照宮が建てられたときには、湯元温泉のお湯を目指して多くの湯治客が集まったらしい。
様子が思い浮かべられる歴史の深い所がここ日光市。
旅館や民宿の紹介も一緒にハイウェイウォーカーなどにたくさん載っているここへ、ぜひまた行きたいと思う。

気どりながら叫ぶ兄さんと濡れたTシャツ
案外ただの布は安い物がない。
子供が園に入園するので、入れ物が必需品とはいえ、案外仕立てるために必要な布が高かった。
中でも、アニメのキャラクターものの布なんて、めっちゃ金額がいった。
幼児向けのキャラクターものの縫物の為の生地がものすごく価格が高かった。
使用する大きさのの布製の袋を購入した方が早いし、簡単だけれど、地方なので、みんな、お手製だし、周辺に売っていない。

怒ってダンスする先生と気の抜けたコーラ

ある夏の昼過ぎ。
少年は外で、蟻の行列が虫の死骸をせっせと運ぶところをじっくり見ていた。
蟻たちは一所懸命に働いているのだが、虫の死骸一つでこんなにも大勢の蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年はいぶかしんだ。
少年は、蟻たちに砂をかけたらどうなるかな、という欲求にかられた。
だが、今回はじっくり見守ることに決めた。
暑い夏の日なので、少年の汗はダラダラと流れ、雫となって蟻たちの近くに落ちた。

余裕でお喋りする姉妹と突風
健診は、毎度どこかしら引っかかる。
心臓だったり、血液検査だったり、胃だったり。
胃の検査をバリウムを一杯飲んで受けてみて、健診結果がくると、がんの疑惑があるので、即座に、診断を表に記載の病院にて受けてください。
と記載してあったのには、あせった。
あせったそれに、怖かった。
すぐさま胃腸科の病院に検査に行ったら、結局、胃炎だった。
胃は以前から痛くつらかったので、検診に引っ掛かったのはわかるが、文で名前とがんの疑いがあると書いてあったら不安だった。

騒がしくお喋りする彼と観光地

今日の夜は一家そろって外食なので、少年は嬉しくてしょうがなかった。
何を食べようかな、と出発前からいろいろと思案していた。
スパゲッティやカレーライス、ポテトフライやから揚げ、なんてメニュー一覧にはどんな料理があるのかとても楽しみでもあった。
場所は近所のファミリーレストランだ。
お父さんが運転している車はもうすぐお店に到着する。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉ちゃんは後部座席で、女性誌を読んでいる。
少年は車のドアを閉めると、ドキドキしながら店の入り口を真っ先に開けた。

無我夢中で叫ぶあいつと横殴りの雪
友人のボーイフレンドが梅干し屋さんとの事。
博多に本社を置き中国に店もあり、関西の方にファクトリーがある。
全国にたまに、何名かのメンバーで試食会をするらしい。
夜中、これを聞くと、食べたくなった。
梅干し食べたくなった〜!など言ったら、あ!あるよ〜!と出してくれた。
このときに食べたこの梅干しが、人生で最高に美味しかった。
なんと、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。

雪の降る火曜の早朝は友人と

東京でも江戸の頃より賑わっている町が、隅田川に近い浅草。
最も歴史のあるお寺が浅草寺だ。
まさにこの頃、浅草寺詣でに行ってきた。
久々に行く台東区浅草参拝。
再度、自身で正しく直視し分かったのは、日本人以外のツアー客多いこと。
色んな国から旅行客の来るここ浅草は、少し前より明らかに増えている。
そもそも、世界で一番背の高い総合電波塔、スカイツリーが建った影響もあることは間違いない。
アジア諸国からは、ビッグバードハブ化に伴いアクセスが便利になったという事から、プラス、ヨーロッパの方や欧米からは、着物や和装小物に憧れを抱いて来るお客様が多数だと感じる。
ともかく、これからの未来も多くの外国人が来ることを想像させられた。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん買って、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派な浅草寺本堂が見えてくる。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを取り入れて、改修工事を行ったという。
浅草寺の秘仏の観音様に日本の平和を祈りしっかり手を合わせてきた。
今の努力が、この先表れるといいなと。

薄暗い日曜の夕方はゆっくりと
友達の知佳子の彼氏であるSさんの会社で、定期的に和歌山の梅干しを購入している。
酔っぱらうと電話をかけてくれるSさんの社員のEくんという若者は、まったく話がかみ合ったことがない。
酔ってないときの彼は、非常に人見知りらしく、そこまで多くは話してくれない。
なので、一度もEくんと満足いくくらい話をしたことがない。

雨が上がった木曜の日没は目を閉じて

性能の良いカメラも、実に大好きだけれど、それとは違って例外的と言えるくらい好きなのがトイカメだ。
5000円程でちっちゃいトイカメが気軽に得られるし、SDカードがあればパソコンですぐに再生できる。
リアリティーや、瞬間を撮影するには、レフが似合うと思う。
けれど、その場の情緒や季節らしさを撮りたいときには、トイカメには他のどれにも歯が立たないと熟考する。

風の無い休日の昼に読書を
ここ最近まで全く知らなかったが、プール用オムツなるものがあるらしい。
都会では、水用オムツをはいて入れることろと入れない所があるとのことだ。
きっと、赤の他人からは、水についてももれないオムツでも大便など含んでいるオムツで同じところに入られたら、気持ち悪いだろう。
とはいえ、親としては、入れてあげたいと思うし。
ただ、逆の立場だったら非常に不快だ。

返せない借金、弁護士と司法書士
借金返済のことで弱っている方、一人で悩んでないで、司法書士・弁護士というプロに相談してみてはいかがでしょう?今頃では無料相談を受けてくれる相談事務所もありますので、借金返済問題に関しては、まずは無料相談して一歩を踏み出しましょう。

サイト内メニュー

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 二人で叫んだ水曜の夜 All rights reserved.